--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-05-16(Fri)

ラオス「シャム領三王国」

19世紀の話。
当時のかの国には三王国が存在しており、いずれもシャム(タイ)の属領であった。
まずそのうち「ヴィエンチャン王国」がシャムからの独立を図るもあえなく失敗、あっさりと滅亡してしまう。
「ルアン・プラバーン王国」では概ね平和的統治が行われていたが、突然のホー族の来襲によって状況は一変する。
一旦はシャム軍の掃討作戦によっておさまりを見せたが、再度の来襲時には王都が襲撃される事態となった。
当時国王であった「ウン・カム」とその家族は危機に晒されたが、フランス副領事館の「オーガスト・パヴィ」によって救出されて逃亡に成功した。
この長きに渡ったホー族の来襲が、初動が遅れたシャムへの不信感を住民へと植え付け、逆に国王を見事救出したフランスへの信頼感を産み出す契機となり、やがてフランス領へと転換されていくのである。


 コーンパペーンの滝:ラオス



旅ポケドットコム







12カ国語達人のバイリンガルマンガ




株式会社コムズ: ADSL


テクノラティお気に入りに追加する
FC2 Management

2008-05-15(Thu)

スイス「永世中立国家」

19世紀の話。
当時のかの国はれっきとした独立国家であったわけだが、フランス革命の影響は多聞にもれず波及した。
ナポレオン・ボナパルトが調停者となって、各州の指導者をパリに集めて協定を結ばせ、一時的ではあるが地方自治体制へと戻した。
その後のウィーン会議で、独立を改めて確認すると共に、永世中立国として国際的に認められた。
やがてカトリック諸州とプロテスタント諸州の緊張状態から、大規模な紛争が始まった。
この紛争は「分離同盟戦争」と呼ばれ、領内で起こった最後の大規模紛争であり、期間は1ヶ月・100名あまりの犠牲者を出した。
近隣諸国は軍事介入を試みるも失敗し、結果自由主義者による国家の成立となって「1848年革命」へと発展し、ウィーン体制は事実上崩壊した。
このときに完成した連邦の基本的な枠組みは、今日現代まで維持されていくのである。


 旧市街:クラム通り



旅ポケドットコム







12カ国語達人のバイリンガルマンガ




株式会社コムズ: ADSL


テクノラティお気に入りに追加する

2008-05-12(Mon)

ペルー「ボリビアとの闘争」

19世紀前半の話。
当時のかの国はスペインの植民地だったわけだが、クリオージョらによる独立運動はなかなかに進展しなかった。
この情勢を幸いとして副王アバスカルは、クリオージョの自治政府を武力で鎮圧した。
その後は、「ホセ・デ・サン=マルティン」がリマを解放して独立を宣言するが、副王政府は支配に固執して頑強に抵抗を続けた。
しかし、とうとう副王軍は撃破されて名実共に独立を果たした。
続いて事実上の支配者に君臨した「アグスティン・ガマーラ」は、旧インカ帝国の領土を回復するために、ボリビアを併合しようと軍を派遣するがあえなく敗退する。
そして逆にボリビアによって完全征服されて「ペルー・ボリビア連合」として併合されてしまう。
しかしガマーラは、チリとアルゼンチンの協力を得てこの連合をほどなく崩壊させて大統領に就任した。
彼は再度ボリビアに侵攻するが、とうとう戦死してしまい、以後両国の統一を望む運動は完全になくなった。
そしてやがて、強権支配によって政治及び経済的に発展していくのである。


 ペルーの独立(中央の背姿がホセ・デ・サン=マルティン)



旅ポケドットコム







12カ国語達人のバイリンガルマンガ




株式会社コムズ: ADSL


テクノラティお気に入りに追加する

2008-05-09(Fri)

ナミビア「ドイツ領南西アフリカ」

19世紀後半の話。
当時のかの国はバントゥー族の支配の中、イギリスとドイツの植民地化争いの最中にあった。
ドイツ人の商人「アドルフ・リューデリッツ」は、大西洋に面した地域を先住民の長から購入した。
その地に、やがてドイツ帝国海軍が視察に訪れて、新設された西アフリカ長官として「グスタフ・ナハティガル」がかの地に到着する。
ほどなくドイツ植民地としての「ドイツ領南西アフリカ」が設立され、彼の後「ハインリヒ・ゲーリング」が長官となって施政を始めた。
植民地は、新たな貿易ルートが約束された北西地域の獲得によってさらに拡大した。
かの国は、ドイツ人が多数移住した唯一のドイツ植民地となった。
ドイツ人の移民たちは、ダイヤモンドや石炭採掘という経済的可能性を求め、一方でそれら支配に対する現地の怒りがやがて爆発するのである。

リューデリッツ
 アドルフ・リューデリッツ



旅ポケドットコム







12カ国語達人のバイリンガルマンガ




株式会社コムズ: ADSL


テクノラティお気に入りに追加する

2008-05-08(Thu)

オーストラリア旅行特集?「さらばシドニー」

シドニーの最終日を迎えて。
オーストラリア、いやオセアニア最大の都市だけあって、あっけにとられる大都会ヽ(=´▽`=)ノ
日本の大都会とは違う佇まい。
近代的であり、かつ自然とも見事に調和している気がします。
この街で一番驚いたのは、歩行者信号!赤になるのが異常に早い!



後ろ髪を引かれながら、豪州を後にします。
今度はブリスベンや、パースあたりを攻めてみたい(o^-^o)

長らく私のつたない旅行記にお付き合いいただき、有難うございました。
次回は、南国パラオを旅する(予定)です。



旅ポケドットコム







12カ国語達人のバイリンガルマンガ




株式会社コムズ: ADSL


テクノラティお気に入りに追加する
プロフィール

ゴルゴちゅうじ

Author:ゴルゴちゅうじ
FC2ブログへようこそ!
どっぷりオタクな世界史!
こちらもどうぞ!
http://takashihama1219.fruitblog.net/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
舞妓Haaaan!!!
最近のエントリ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。